ひげじいの「ひるがの日記」記事詳細

ひげじいの「ひるがの日記」記事詳細

2019/05/29

猛暑日

史上空前の大型連休以来ナリをひそめていたヒゲ爺じゃが、新緑の美しい季節までなんとか生き延びてこられた。
流石に連休疲れがでたのか、このところ土日も比較的平穏であった。

190530_01

このところ下界では猛暑続きでタイヘンらしい。
5月下旬の北海道・佐呂間町で39.5℃なんて、信じられない異常気象である。
寒い時には重ね着するとか動き回るとか体温を上げるのは比較的簡単であるが、
これ以上脱げない裸になっても汗ダラダラではどうしようもナイのじゃ!

その点「ひるがの高原」の夏は快適とほくそ笑んでいたが、北海道がこんなでは先行きが心配である。
昨夏はジョーロの残り水やプランターの受け皿にボーフラがわいていることもあった。
テラスで蚊に刺される経験もしたのだから下界では熱帯並みにマラリアが流行するのではないか。

いろいろな心配はともかくとして、分水嶺公園はレンゲツツジと新緑が美しい季節になった。
先日は観光協会から電話があったので何事かと思ったら『ひるがの地内ギフチョウ保護巡回』の当番だったことを
忘れていたのでその催促であった。
たまたま「見るに見かねた応援団」のS夫妻が来てくれていたので大急ぎで飛び出してなんとか面目は保つことができた。

190530_02

大日ヶ岳もすっかり雪が消え、牧歌の里近くから見える白山(望遠撮影)も大分まだら模様になってきた。

190530_03

『先回号で掲載した迂回道路の件は一カ月早く工事が終了したようである』

ハムと向き合って45年 こだわりの製法
全国配送OK ご注文はこちらから
ひげじいの「ひるがの日記」
おんじのおすすめレシピ
ひげ爺のインスタグラム - Instagram
ひるがの高原 B&B分水嶺
ひるがの高原 硬式ホームページ
ページ先頭へ