ひげじいの「ひるがの日記」記事詳細

ひげじいの「ひるがの日記」記事詳細

2012/10/09

清掃ボランティア

 B&B分水嶺の中屋から『膝の調子はどうだい?』と珍しく優しい言葉をかけられた。
彼とは先日の京都OB会に一緒にでかけたので爺の膝が泣いているのを知っていたのじゃ。

『高山の整骨院で診てもらったら、やはりスキーの古傷が原因で内側副靭帯断裂の後遺症と診断された』
『膝を力いっぱいグイグイ・グニョグニョされたら大分マシになった。
どうやら右膝を庇って歩くのが良くないので我慢して筋肉を使いなさいと言われた』返ってきた返事が
同情のカケラもないものであった。

『そんなら明日の分水嶺公園の清掃活動に参加できるナ』と、
マァそんなワケで観光協会主催の行事に参加させてもらったのじゃ。
地元の皆さんはエンジン付き草刈り機を持って公園全体に散らばっていった。
一番恩恵にあずかっている「B&B分水嶺」と「わたすげ」は池に溜まった落ち葉やドロを引き上げる作業じゃ。
両家は除雪用の「ペイローダー」を出動させた。スコップしか持ってない爺は池に入ってドロ掬い専門じゃ。

水路の上流で水をせき止めてバイパスへ流したので長靴で入れるくらいの水位ではあったが、
泥底にはまり込んで転んでしまったりテェーヘンじゃった。
(写真①は携帯で撮ったのであまり良くない)小淵沢の「ヒゲ爺ファンじゃやなくってブログファン」からメールで
『ヤッパ瑞彦さんも生身のお方だったんだー』と嬉しそうなメールをいただいてしまった。
ヤッパ『ヒトの不幸は蜜の味!』なんじゃナ。(写真②は普通のバカチョンで撮った、キレイになった分水嶺公園じゃ)

121009_01

121009_02

ハムと向き合って45年 こだわりの製法
全国配送OK ご注文はこちらから
ひげじいの「ひるがの日記」
おんじのおすすめレシピ
ひげ爺のインスタグラム - Instagram
ひるがの高原 B&B分水嶺
ひるがの高原 硬式ホームページ
ページ先頭へ