ひげじいの「ひるがの日記」記事詳細

ひげじいの「ひるがの日記」記事詳細

2012/06/20

夏がくれば・・・・

この季節になって、観光客から『水芭蕉は何処ですかぁ?』と尋ねられることがあるそうな。

これまで何十回となく聴いたり歌ったりしてきても、なんとも思っていなかった唱歌のことじゃ。

1949年というから爺が小学校に通い始めた頃の発表なんじゃそうだが、あの『夏の思い出』って曲が誤解のモトらしい。。

1965年発売、日野てる子のそれではないじょ!

江間章子作詞中田喜道作曲の「童謡唱歌」の範ちゅうにはいるヤツじゃ。

『夏がく〜れば思い出す♪』という尾瀬沼と水芭蕉を有名にした曲なんじゃが、春の尾瀬を夏になって思い出すのか、水芭蕉の五月は初夏というか都会では夏なのか。

とにかく「ひるがの高原」の水芭蕉はとっくに終わって、レンゲツツジも過ぎて、アヤメや菖蒲も終わりかけ『ササユリ』が開きだした。

カッコーやウグイスにホトトギスそしてアカゲラが木をつついている音が聞こえる高原の掘っ立て小屋でのんびりケムリに巻かれていると『長生きしそー!』じゃ。

120620_01

120620_02

120620_03

120620_04

ハムと向き合って45年 こだわりの製法
全国配送OK ご注文はこちらから
ひげじいの「ひるがの日記」
おんじのおすすめレシピ
ひげ爺のインスタグラム - Instagram
ひるがの高原 B&B分水嶺
ひるがの高原 硬式ホームページ
ページ先頭へ